漏電調査に伴う改修工事に行ってきました

2021年11月02日

MDリフォームの福沢です。

先日、漏電調査に伴う改修工事に行ってきました。

『保安協会から漏電の疑いがあるので、改修を行ってください』と通達があり、ご相談を受けたのがきっかけでした。

疑いのある個所すべての調査を実施。しかしながら漏電箇所の発見に至らず、施主様と協議の上、天井板を撤去し調査することにさせていただきました。

早速、天井板を撤去すると断熱材に大量のカビが付着。どこからか雨漏りがしている疑いも発見。そのままにしておけないので、先に雨漏りの調査を実施させていただくことになりました。

現調写真 (1)

施工前の状況。

現調写真 (9)

左側の写真とこの写真の箇所から漏電の疑いが・・・

施工写真 (14)

天井板をめくった様子。

施工写真 (16)

水が断熱材にしみ込んでいてボロボロな状態に。

玄関側の壁面部に雨染みがあったので、その箇所を中心に散水調査を実施。

すると5分もしないうちに、室内に水が入り込んできました。

施主様に調査結果を報告。工程を変更し、先に雨漏り改修工事を先にさせていただきました。

雨漏り現調 (16)

散水を始めてすぐの状況。既に水が染み出してきました。

雨漏り現調 (26)

5分後の状況。辺り一面水浸しの状況になりました。

原因は、玄関屋根の板金と、壁の取り合いに隙間があり、そこから雨漏りがしていたと思われたので、屋根板金の改修と雨樋の改修工事をさせていただきました。

施工写真 (4)

玄関屋根の様子。向かって左側から雨漏りがしていた。

雨漏り現調 (64)

室内から撮影した写真。外の様子が丸見えになっていました。

屋根板金の改修も終わり、ようやく室内の作業に取り掛かりました。

断熱材も新しいものと取替。天井板・クロスを貼り付け、取り外していた照明器具を元に戻し作業は終了しました。

施工写真 (11)
施工写真 (15)
施工写真 (17)
施工写真 (21)
施工写真 (32)
施工写真 (49)

漏電が疑われた場所ですが、雨漏りが確認された場所の下あたりの壁の中に、コンセントボックスがあり、雨漏りの水がそこに落ちて漏電していました。

ケーブルを断線し、測定後正常値に戻っていたことを確認し調査も終了しました。

雨漏り現調 (39)

壁の中へのびる怪しいケーブル。たどっていくと・・・

コンセントボックスを発見。使用されていないのに、接続されたまま壁の中に埋もれていました。

天井板張替 ビフォー・アフター

現調写真 (2)

施工前|BEFORE

施工写真 (47)

施工後|AFTER

現調写真 (10)

施工前|BEFORE

施工写真 (49)

施工後|AFTER

屋根板金張替 ビフォー・アフター

施工写真 (4)

施工前|BEFORE

施工写真 (52)

施工後|AFTER

まずはお気軽にご相談・ご来店ください

0120-97-6686
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝

メールフォームからのお問合せも受付しております

電気のこと、リフォームのことは、全てマツデンにお任せください
大東市・四条畷市No.1宣言!大阪府下、奈良、京都まで対応させて頂きます

マツデンからのお知らせ

「エコライフニュース 」バックナンバーを見る

「やります!続けます!日々感謝!日々感動!」